Piano@RAG
ピアノをもっと楽しむWebマガジン
menusearch
ピアノの先生がBABYMETALを調性で分析。BABYMETAL DEATH、メギツネ他

ピアノの先生がBABYMETALを調性で分析。BABYMETAL DEATH、メギツネ他

ここでは、BABYMETALの楽曲を「調性」で分析し解説していきます。

作曲などのヒントなどになれば幸いです。

楽曲のイメージと調性

ピアノ

http://o-dan.net/ja/

多くの楽曲には、拍子、「調性」、和声(コード進行)、メロディーなどがあります。

さて譜読みを始めよう、と思った時には、拍子と「調性」を一番初めに確認します。

また、演奏会をしようと思った時、曲順を決める際には、「調性」を強く意識させられることがあります。

CDを作る際にも、曲順と「調性」の関係は密接と思われます。

作曲をするとき、まずイメージから、拍子と「調性」を考えます。

このように、意識的に「調性」を感じるということがかなり多いのです。

ある時、趣味で音楽を演奏したり、聴いたりしている夫と話していると、非常に驚かれたことがありました。

THE ONEが神々しいのは、嬰ハ長調だからだね。作った人もこの調を選んでるよね

といったところ、

えっ!?そうなの?『調性』に感覚が操られているのが、とても恐ろしい

との反応が返ってきました。

そこで、面白いと思い、BABYMETALの楽曲を「調性」の面から分析してみることにしました。

全曲の解説を4回に分けてお届けいたします。

調性」というのは、クラシック音楽においては、意識的に用いられてきたもので、「共感覚」とも結びついていることもあるようです。

共感覚については、別の記事で書くことにしますので、今回は触れません。

私も、作曲するときは、先ほども触れましたが、イメージに一番近いと思う調を選択します。

それは、私の感覚ではありますが、微妙な違いではありますが、書籍で紹介されているものでもあります。

現在絶版ではありますが、以下のサイトにまとめてある、調の特性です。

音楽マメ知識 調の特性

原書で言葉で表現された方、大変すばらしいと思います。

調性と主音、また、調号(♯や♭)に関して、簡単に書くこともできますが、長くなるうえにお勉強になってしまうので、ここでは省きます(笑)。

おすすめの記事あわせて読みたい